ゆすら咲く庭で

yusura396.exblog.jp ブログトップ

柚子の砂糖漬け

f0088367_21213693.jpg大好きな柚子の季節がやってきた。
柚子に含まれる成分には美肌効果、保温、保湿作用、自律神経の調整、疲労回復に初期風邪症状の緩和など、冬にうれしい効果ばかり。
何よりあの香りの華やかさ、たまりません。

母親に教えてもらった柚子の砂糖漬けが毎年大活躍なので、
作り方覚え書き。
切って柚子と同量の砂糖をまぶすだけの簡単レシピです。





f0088367_21215733.jpg柚子を流水できれいに洗い、しっかり水分をふきとる。
種が取り出しやすいように上下半分に2等分する。
f0088367_2122556.jpg種とヘタを取り除く。

※砂糖漬けには使用しないけど、柚子の種のヌルヌルは小じわを防いだりシミやそばかすを薄くする働きもあるそう。
柚子の種をホワイトリカーに1ヵ月ほどつけ布でこして、ヒジやヒザに塗るとつるつるになって、美肌効果も期待できるとのこと。
f0088367_21221585.jpgボウルに向かって皮を下にして絞る。
こうすることで皮を上に向けて絞るより、香りが17倍違うらしい。→ガッテン参照
f0088367_21222452.jpgf0088367_21223223.jpgさらに半分に切り、皮を上にして細切りに。
この際、皮と実についている袋や白いスジもそのまま一緒に切る。

f0088367_2122476.jpg切った柚子と同量の砂糖をまぶして混ぜ合わせる。
保存用の煮沸消毒した瓶に移して、冷蔵庫で保管。
1日1回瓶をふって、沈殿している砂糖がとけたら完成!
(今回はきび砂糖を使ったので琥珀色に。白い砂糖で作ると綺麗な黄金色になる。)
柚子にはペクチンが豊富なので、自然にとろみがつきます。
また、防腐効果も高いため日持ちもするようで、
母親によると去年この時期に作って4月までもったとのこと。
私は1ヶ月たたず使い切ってしまう。

f0088367_2123514.jpg熱湯で割ってゆず茶に。
パンやバニラアイスに添えて。
ドレッシングに混ぜて。
鶏やブリの照り焼きに。
クッキーやケーキに混ぜ込んで。
甘さの足りないりんごや柿にからめて。
ゆず大根などお漬物作りに。

我が家の冬には欠かせない1品。
前回の果物のラム酒漬けにも追加投入。
[PR]
by yusura396 | 2010-11-26 23:00 | レシピ
line

日々の雑記


by ゆすら
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30